無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第1話

🔮
You「ねぇ、今日は何読んでるの?」





ジミン「あっ、今日は小説読んでる…」






You「ふ~ん」




ジミン「ごめん…本に集中したいからまた後ででいい…かな…」




You「だよね…‪w邪魔になるよねごめん、」






あぁ、また会話切れちゃった。
もう少し話してたかったのにな…




本だけじゃなくて、私のことも見て欲しいのに、








かな「おーいあなた!!」




You「なんだ、かなか…」






いつか、彼から「あなたっ!」って読んでくれるかな。




かな「あ、もしかしてジミンかと思った?‪w」



You「うぇっ?ち、違うよ!」



かな「なんであんな地味なやつが気になるのさ」



You「気になってないし…//」




かな「…ップ 嘘つき‪w」









かなは私の大親友。中学校からの友だ




You「もう、そう言ってるかなは?あの人と上手くいってるの?」



かな「…全く。てか話せないっス」



You「それもそうだよね‪wあの人人気だしね。男からも女からも」




かな「ぐへっ」










かなの気になってる人は人気者だから、手が届きにくい。


そう思うと、地味で人気がないって…











あれっ、意外とアピールすれば行けんじゃね←















NEXT__