無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

🔮
You「っ…なんでよ、」



















私はその光景を信じることが出来ず近くの公園まで走った













You「なんでよっ、なんで…付き合ってるの?」


















ジミンの家の中にいたのは、絶対にかなだった










ロングの髪の毛も、二重がぱっちり目はかなの特徴だ










そっか、私騙されてたんだ。























ツラい。














??「ねぇ、そこで何してんのあなた」















顔を上げると、












??「だから何してんだよ」











You「関係ないじゃん。ジミンには」
























ジミン「あっそ、せっかく気にしてあげてんのに」



















なんで?













今だけは会いたくなかった。


























NEXT__