無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🔮
放課後…
















かな「あなたっ!!」










you「うぉっ どうした。」















かな「ねぇ…(泣) グク彼女いるんだって、」













You「えっ…嘘でしょぉ‪w」
















正直言って私はグクがあまり好きではない。


だから別に付き合っててもどうでもいいんだけど、かなのために協力することにした。















You「かな、私誰か聞いてきてあげるよ。」










かな「ほんとっ?! ありがとう!あなた大好き!!」












You「友達でしょ!」













さて、どうやってあいつの所まで行くか、


いつでも女が沢山いるし…よしっ、帰り道尾行しよ。















NEXT__