無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

🔮
あなた宅














…気まずい。


すんごく気まずい。




















グクを家の中に入れたのはいいものの…

















話すことがない。















You「ぐ、ぐく?なんかお腹空いてる?」














グク「別に? あっでも…」












で、でも…?



































グク「俺、あなたが食べたいかも。」






















You「はぁっ?!」














グク「嘘だよっ‪w」


















馬鹿馬鹿馬鹿!!!!















You「何言ってんだよ…」














グク「怖い怖い」
















もう!ほんとにグクは思わせぶりが激しい


















グク「ね、あなた?お風呂借りてもいい?」











You「お、お風呂?いいよ」













グク「ありがとっ」















そう言ってグクはお風呂に入っていった。


















あぁもう…今日もグクのせいで余裕がある無くなる。





















You「グクは誰が好きなの?」


















私はもうジミンの事などすっかり忘れていた。



















NEXT__