無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1話
95
2022/05/14 11:06
ピタ
毎日の勉強テスト
将来のために
私たちのために
ままはこのテストを『学校』の代わりだと言った
そんなの嘘なのにね
ピッピっ
ママ
ママ
結果を返すわね〜
ザワザワ
ママ
ママ
ノーマン、あなたの下の名前、レイ、エマ、
凄いわ4人とも!
また300点!
満点フルスコアよ!
私はテストが嫌いだ
エマ
エマ
いぇーい
けれどエマはとても嬉しそうだ
こんなテストをやるのは全て"あの"ため









テストが終わると遊び時間だ
ドン
ドン
うへっノーマンが『鬼』だ
ノーマン
ノーマン
ぴーす
エマ
エマ
レイとあなたの下の名前は?
レイ
レイ
パス
(なまえ)
あなた
同じく
エマ
エマ
チェッたまには混ざればいいのに
ノーマン
ノーマン
OK数えるよ!
ノーマン
ノーマン
いーち
ノーマン
ノーマン
にーい
ノーマン
ノーマン
3、4、5、6、7、8、9、10
ノーマン
ノーマン
ほぼ森にちったな
流石ノーマン
観察力が鋭い
木登り
かくれんぼ
鬼ごっこ
小さな頃はこの森で遊んだ
穴のある木
その先に死角になる岩
施設ハウスを囲む
四方の森は
勝手知ったる子供達のわたしたち『庭』だ
施設ハウスの敷地は広い
けど近づいてはならない場所が2つある
外へと通じる『門』と
森の『柵』の向こう
理由は施設ハウスにいる限り守るべき規則
私達は『外』へ出てはならない…
けれど『門』は1度だけ内緒で行ったことがある
普段は閉じてて誰もいない廃墟みたい
エマ
エマ
ねえ
『外』へ出たら何がしたい?
レイ
レイ
わかんねエマは?
エマ
エマ
キリンに乗りたい
レイ
レイ
がんば
ノーマン
ノーマン
この門扉内側からは開かないのかな
ノーマン
ノーマン
一体何から僕らを守っているんだろう
(なまえ)
あなた
レイ
レイ
『危ないから近寄ってはダメよ』…か
レイ
レイ
あんなの嘘に決まってるだろ
ノーマン
ノーマン
そうかな
レイ
レイ
ちぇっ大して面白くもなかった
バレないうちにさっさと戻ろうぜ
その時私は感じた
"レイもハウスの秘密を知っている"