無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

第17話
え……?今、キスって聞こえたんだけど…?



反射的に私たちは顔を見合わせる。
雄哉
雄哉
チッ、あいつふざけすぎだろ…

雄哉は舌打ち混じりに資料室の扉に手をかけようとする。
明香里
明香里
待って
雄哉
雄哉
なんでだよ。あいつ、本気だぞ。

直感的に、私たちが関わっちゃいけない問題だと感じた。



雄哉を説得しようとした時、
茜
いや、見ないで!!
と言う茜ちゃんの声が飛んできた。
茜
ずっと隠し通して誰にも見られたことなかったのに!こんな傷!!!

雄哉がハッとして扉から手を離した。



何が起こっているか分からない…でも茜ちゃんの様子がおかしい。
茜
また私見捨てられるんだ

バタバタとこっちに向かってくる足音がして、扉が大きな音を立てて開いた。



手で首もとを押さえた茜ちゃんがものすごいスピードで飛び出していった。



その直後、待って、と叫びながら爽太先生が出てきた。



私たちに目もくれず、爽太先生は茜ちゃんの後を追った。