無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

第8話
勉強会は千紗の家で行われた。



テスト前だから、休日の今日は皆部活も休み。



ということで私は、初めて見る葵くんの私服姿がなかなか見慣れず、そわそわしていた。



葵くんが教えてくれてるのに、今この状況に心がふわついて、肝心な内容が入ってこない。



だ、だめだ…勉強が身に入らない…!
明香里
明香里
あの…なんかお菓子買ってきてもいい?

たまらずその場に立ち上がった。



一回外出て落ち着こう。



向かいに座っている葵くんが、教科書から私に目を移した。
葵
じゃあ俺も行こうかな。
明香里
明香里
ええ!!!
葵
えっ、だめ?

葵くんが驚いた顔で私を見つめ返す。



それじゃあ意味ないよ!!!



…で、でも二人でコンビニっていうのも惹かれ…
雄哉
雄哉
だめでーーす、葵くんは勉強の続きしててください。
葵
え、なん…
雄哉
雄哉
俺も買いたいものあるし。明香里、行くぞ。
明香里
明香里
わっ、ちょっと…

強引に腕を引かれてあやうくこけそうになる。



部屋を出る前に振り向いたら、葵くんはぽかんとした顔で私を見つめていた。