無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

episode51
西山愛華
西山愛華
私の過去になるんだけど…








私は東京で生まれた。
























お母さん・お父さん・お兄ちゃん・私の四人家族

































両親は、男が2人欲しかったらしくて


私を嫌っていた





























だから小さい頃、家にいるのが嫌で山田の家に行ってた


































ある日、お兄ちゃんが事故にあった


































周りからは『災難な家族』と言われ


















引っ越す以外の選択肢はない。


























大阪に来て、お父さんの仕事がブラック企業になった



































そのストレスで、父は酒に溺れ、母に八つ当たり













































そんな2人が出した結論は"愛華が悪い"



































その日から虐待が始まった









































なんとか隠せる位置だったから他人にはバレなかった














































私が中学生になるとヒートアップしてきて











もう耐えられなかった













































だから中学卒業を気に家出した











































どこに行けばいいのか分からないし










































夜はとにかく怖かった


















































でも、それより



















































































虐待される方が辛かった…























































両親の言いなりになり、自分を失いそうで






































































そんな私をジャニーズ関係者さんが見つけ、
























































『決めた。youうちで働かない?』







































中学卒業したばかりのやつには分からなかった


















































でもその時、関西ジャニーズJrが頼りにしてた



マネージャーさんが産休に入る。って

























































特別に仕事やりながら高校通える許可が出た











































ジャニーさんに家を用意してもらって










































私は生まれ変わった















































でも怖かった










































見ず知らずの男性に指示するなんて





























































でもガキな私をみんなは受け入れてくれた。










































































だからみんなは命の恩人だった



































あ、ちなみにみっちーが山田の話してて



山田がジャニーズって知ったんだけどね?‪w







































なんか懐かしいなぁ。













































本当に好きだったの。
























































辞めたくなかった。















西山愛華
西山愛華
そんなこんなで今に至るかなぁ。
長尾謙杜
長尾謙杜
……
西山愛華
西山愛華
長尾?……長尾?
藤原丈一郎
藤原丈一郎
お前さぁ。普段はふざけてんのにこういう時だけ真面目になるの辞めろよ…泣
涙止まんねーじゃねーかヒック
西山愛華
西山愛華
お前確実に藤原だろ。
なんで聞いてるんだよ。
長尾謙杜
長尾謙杜
愛華ちゃんすみません最初からスピーカーでした
西山愛華
西山愛華
おい何してんだよ。笑
大橋和也
大橋和也
あっ、そうだ今から〇●公園に来て!
西山愛華
西山愛華
え?なんで?
大橋和也
大橋和也
お願い!じゃ!












ツー ツー ツー
















よぅわからんけど行くけどな。
















やっぱり言うこと聞いちゃうのは関ジュが優しいから

































最後までありがとね。










続く