無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

episode33
翌日

京本大我
京本大我
えっと、まずSixTONESチームは、事務所の関係者でふっかさんみたいに昨日の事を聞いた方や見た方が居ないか探しました。
髙地優吾
髙地優吾
そしたら関係者Aさんは部屋から喧嘩してるような声を聞いて、Bさんは 泣きながら部屋から出てくる愛華ちゃんを見たそうです。
向井康二
向井康二
うぉ、まじか…
俺らは東京を回って見つけようとしました。
目黒蓮
目黒蓮
結果はいませんでした.
なので関西に戻ってる可能性が高いです。まだ高校生ですし。
今野大輝
今野大輝
僕らも同じです。
大橋和也
大橋和也
僕らも同じですー!
愛華が行きそうな場所に行ったんですけどいませんでした。
川島如恵留
川島如恵留
えっと僕達は、Hey! Say! JUMPの山田くんと愛華ちゃん仲良いので、山田くんは愛華ちゃんからなんか聞いてないか聞きに行きました。
七五三掛龍也
七五三掛龍也
そしたら…
山田涼介
山田涼介
愛華から電話が来て、「事務所を辞めた。辞めたって言うよりはクビになった。」と言ってきて。
最初は意味がわかんなかったけど…
三島さん?がお偉いさんに愛華がジャニーズとベタベタしてると嘘をついて、愛華が何言っても「口ではなんとでも言える」とお偉いさんは言い、強制的に「辞める」と言わせ、退職願を書かせて愛華はやめました。
Jrには言わないでと言われたんだけどやっぱり黙ってても無駄かなって。
深澤辰哉
深澤辰哉
山田、わざわざありがと。
山田涼介
山田涼介
愛華と困ってる後輩のためだからね!
髙橋優斗
髙橋優斗
で、僕達は、HiHi Jetsと美 少年と少年忍者みんなで愛華ちゃんに連絡したらさすがになんか来るんじゃないか、と思いずっと連絡入れてました。
那須雄登
那須雄登
結果、既読は着いたけど返信は来ませんでした
草間リチャード敬太
草間リチャード敬太
俺らはSixTONESさんと同じでLilかんさいと一緒に事務所で目撃者が居ないか聞き込みしたんですがSixTONESと結果は同じでした。
京本大我
京本大我
これで充分な証拠集まったし、反撃開始しちゃいますか。
高橋恭平
高橋恭平
山田くんに愛華ちゃん呼んでもらって、愛華ちゃんには俺らがいることを知らせないで反撃しましょ。
山田涼介
山田涼介
よし、ちょっと待っててね。







prrrrr prrrrr




西山愛華
西山愛華
はーい、もしもし山田?
山田涼介
山田涼介
あ、もしもし愛華?
あの今から事務所来れる?
西山愛華
西山愛華
え…
なんで、?退職したしもう用はないよ。
山田涼介
山田涼介
あー、なんか愛華のっぽいハンカチの忘れ物があって、愛華のじゃない?って僕は言ったんだけど本人確認しなきゃ行けないから、
西山愛華
西山愛華
分かった、今近くにいるから行くね。
山田涼介
山田涼介
はーい、





ツー ツー ツー



山田涼介
山田涼介
って事でここに三島さん呼んで三島さんの知り合いとやらも呼びましょうか。


Jr)ありがとうございます!!!










三島のオキニの京本と松田が三島を呼び、話があると機嫌を良くしてから知り合いも呼んでもらった。







あとは愛華だけ、













トントン




??)失礼します。
ジェシー
ジェシー
え、早。
橋本涼
橋本涼
もう来たn……!!!!
中島裕翔
中島裕翔
あ、みんないる。
ここで間違いなかった?山田。
山田涼介
山田涼介
間違いないよーありがとみんな!

Jr)????????





お偉いさん)君たちはなんの用かね。




向井康二
向井康二
まぁ、もうすぐ来るんで待っててください
三島華香
三島華香
あ、えっとぉ、Hey! Say! JUMPさん、初めましてぇ♡
三島ぁ華香でぇす!
髙木雄也
髙木雄也
あ、ど、どうも…( ・∇・)






トントントン




山田涼介
山田涼介
本日の主役が来た。









続く