無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

episode62




打ち合わせ~





















コンコンコンコン
西山愛華
西山愛華
失礼します。
よろしくお願いします!!!

亀梨和也「よろしくね!」





土屋太鳳「よろしくね〜」











コンコン





西畑大吾
西畑大吾
失礼します。
よろしくお願いします。


亀梨和也「よろしく!」






土屋太鳳「よろしくね〜」







西山愛華
西山愛華
あ、お久!
西畑大吾
西畑大吾
お久!

















まぁ何とか頑張ったおかげで




























PとJK 大ヒットしたんだからね!!!!

















































イェイ!





















































バラエティにもヨンデクレタンダヨ!


























しゃべくり007

























《今回のゲストは西山愛華さんで〜す!》


























西山愛華
西山愛華
よろしくお願いします!


上田「PとJKに出て、今壮大な人気の西山さん」








上田「今回はそんな西山さんに質問トーク! 」

















有田「今大学行ってるの?」






西山愛華
西山愛華
はい!行ってます!







名倉「高校生時代バイトとかしてた?」








西山愛華
西山愛華
えっと…私特殊で、、




上田「『私特殊で』ってなんだよそれ笑」








西山愛華
西山愛華
いや本当に!特殊なんです!






原田「店長とか?笑」








西山愛華
西山愛華
違います違います!笑
私、関西のジャニーズJrのマネージャーの仕事を3年間してたんです。







堀内「ジャニーズのマネージャー!?!?」









西山愛華
西山愛華
はい、そうなんです。







上田「えー、そこでジャニーズの方から、西山さんの印象を聞いてみました。」













上田「匿名 映画ではありがとうさんから」







西山愛華
西山愛華
絶対西畑






上田「しっかり者で、仕事も難なくこなすけど、少し天然。」
西山愛華
西山愛華
え〜!?!?
天然ちゃいますよ!







上田「匿名 7人組の青色松さんから … どんな匿名だよ」








西山愛華
西山愛華
絶対松田元太‪w‪w








上田「正直言って、恋愛にマジで恵まれてない。もしかしたら愛華ちゃんの最後は恋愛関係かも」








西山愛華
西山愛華
っ…それ…//






上田「匿名 黒い原石さんから」







西山愛華
西山愛華
松村北斗‪w‪w








上田「周りの事をすごい見ていて、俺より俺の体調のことをわかってる。女優になっても、何故か俺が体調悪い時に連絡を入れてくる」









西山愛華
西山愛華
え…全然!!!








上田「はい、となわけで、とりあえず匿名が特殊過ぎない!?」









西山愛華
西山愛華
笑笑








上田「あと西山さん、匿名って言ってるのに名前だしちゃダメでしょ‪w‪w」








西山愛華
西山愛華
あっ、!!!







福田「無自覚天然、確定。」








上田「後、恋愛に恵まれない…??」








西山愛華
西山愛華
あ、これ言っていいのかダメなのか分からないので言いますけど、、
元彼が2人いて、2人ともすごいクソで、その度に皆さんに助けてもらってるんですよ…何回病院に行ったことか…







上田「それ多分言っちゃいけないね」








西山愛華
西山愛華
マジ…ですか。
でも本当に恋愛に恵まれない人なんです







堀内「例えば?どんな人?」








上田「それ言っちゃダメ‪w」








西山愛華
西山愛華
例えば…二股してて、私じゃない方が本命で、その方がジャニヲタでジャニーズの情報を仕入れるために告白してきたとか…








有田「え!?そんなに!?」








西山愛華
西山愛華
はい、だから今の彼氏は大切に扱います。








上田「今の彼氏は…誰だっけ?」








西山愛華
西山愛華
なにわ男子の長尾謙杜です。







福田「どう?2人はいい感じなの?」








西山愛華
西山愛華
ん、、まぁ////
 






堀内「おぉ〜!」

















続く