無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

episode50

続く
prrrr   prrrr





私は"ある人"に電話をかけた












































さすがに仕事中かな?この時間。





























































私が始めたての頃、学校でもいじめられたし











































事務所の偉い人達にも悪口・陰口を言われた













































ある日廊下で大声で悪口を言ってて、、











































『西山ってただの男たらしですよね‪w‪w』















『ろくに仕事出来ないくせに‪w‪w』
















『さっさと辞めればいいのに‪w』































もう高校生だった私は精神的にキツかった


























そんな時、急に後ろから1人の人が現れて…
































『愛華ちゃんは男たらしなんかじゃありません!!!!』








『高校生なのにしっかり仕事をしてくれます!!!』









『僕達のために青春を無くてしてまでしてくれます!!!』









『何も知らない人が愛華ちゃんの悪口言わないでください。』


















あの人は、そう言ってくれた。
























その日から私への悪口・陰口は無くなった






























だから、あの人 には1番感謝してる。








ピッ
西山愛華
西山愛華
あ、もしもし…





























































































































































︎︎
西山愛華
西山愛華
長尾くん?
長尾謙杜
長尾謙杜
愛華ちゃん。2日?ぶりだね笑
西山愛華
西山愛華
今大丈夫?
長尾謙杜
長尾謙杜
今…仕事の休憩中なので10数分ぐらいなら。
西山愛華
西山愛華
ありがとう。
あのね、さっきオーディションの結果が来たの。それを長尾くんに1番に教えたいなって。
長尾謙杜
長尾謙杜
っえ!?!?僕!?!?嬉しいな//
それで、結果は?
西山愛華
西山愛華
結果は……合格だった。
長尾謙杜
長尾謙杜
おめでとう!!!!!!!
良かったね!なりたいって言ってた…から…
ってえ?じゃあもう僕達の仕事は…
西山愛華
西山愛華
出来ない。2日前が最後。
長尾謙杜
長尾謙杜
……グスン…っはぁヒック
西山愛華
西山愛華
泣かないで。
私ね、幸せだった。
関西ジャニーズJrのマネージャーはめっちゃ楽しかった。
長尾謙杜
長尾謙杜
もう~ヒック そんないい事グスン…っはぁ、言ったら泣 もっとグスン泣いちゃいます~ヒック
西山愛華
西山愛華
自分勝手で本当にごめんね。
長尾謙杜
長尾謙杜
あっあの、グスン愛華ちゃんっは、なんでヒック この仕事にグスンついたんですか?泣
西山愛華
西山愛華
そっか…まだ言ってなかったね。
最後だし…言うね。