第37話

第31話
411
2020/07/08 16:52
シルクside
はじめさん達の突破口のおかげで塔に着いた
シルク
シルク
前よりでかいぞ……
モトキ
モトキ
ここからとんでもない気配を感じる……
その時だった、まるで俺たちを待ってるかのように扉が開いた。
ぺけたん
ぺけたん
俺達のこと待っていたみたいだね
ダーマ
ダーマ
舐めやがって……!
ンダホ
ンダホ
慎重に行こう!
ザカオ
ザカオ
ああ、そうだな……
マサイ
マサイ
こっちも準備はOKだぜリーダー!
シルク
シルク
うっし!行くぞ!
俺たちは塔の中に入っていった。
中に入ると、人型のものが沢山いた。
影の人形
影の人形
………!!
ザカオ
ザカオ
なんだ!こいつら?!
ンダホ
ンダホ
今までの化け物じゃない!!
ゾロゾロと来る!!
後ろからも次々に
ぺけたん
ぺけたん
(꜆꜄꜆˙꒳˙)꜆꜄꜆🔪🔪🔪
ぺけがナイフを投げるが次々に来る
モトキ
モトキ
これじゃあキリがない!
ダーマ
ダーマ
だったら!ここのフロアは俺に任せて先に行け!
マサイ
マサイ
ダーマ?!
ザカオ
ザカオ
ダーマだけじゃ心配だから俺にもここを任せて!
ぺけたん
ぺけたん
ザカちゃん!
ダーマ
ダーマ
確かにひとりじゃすぐやられそうだ笑
俺とザカオがここを引き受ける!!
モトキ
モトキ
でも……!
ザカオ
ザカオ
いいから行って!
すぐに駆けつけるから!
そう言ってザカオは俺たち以外の時を止めた
ザカオ
ザカオ
今のうちに早く!!
シルク
シルク
わかった、気をつけて!
そう言って、ダーマとザカオに任せて俺たちは上へ登った。
ダーマ
ダーマ
じゃあ、行くぜ!ザカオ!!
ザカオ
ザカオ
しっかり足止めするよ!!











































上へ登り、キースの所へ向かう。
そしてまた広いところに出た時、あの黒い人形が現れた。
影の人形
影の人形
ヴぅゥ…………
シルク
シルク
またこいつらか……!
ンダホ
ンダホ
一体いくらいるんだろう。
マサイ
マサイ
それに上まで結構ある。
モトキ
モトキ
キースの奴俺達の体力を無くす気か?
ぺけたん
ぺけたん
このままじゃあキースと戦うまでにこっちがやられる……
みんな!ここは任せて先に行って!
マサイ
マサイ
ぺけ?!
モトキ
モトキ
一体何を……!
ぺけたん
ぺけたん
大丈夫!マサイ達はいつも俺を助けてくれた…だから今度は俺がみんなの力になる番だよ!
ぺけ……本当に強くなったな………
ンダホ
ンダホ
そういうことなら、俺も協力するよ!
ぺけたん
ぺけたん
だほちゃん……
ンダホ
ンダホ
相棒1人に任せっきりに出来ないからね
ぺけたん
ぺけたん
ありがとう…だほちゃん
ンダホ
ンダホ
3人とも行って!
シルク
シルク
ああ、わかった
モトキ
モトキ
そっちも気をつけて!
マサイ
マサイ
ぺけ……無理はするなよ……
ぺけたん
ぺけたん
ありがとう…マサイ
そして俺たちは上へ向かう
ンダホ
ンダホ
ぺけ、準備はいい?!
ぺけたん
ぺけたん
準備は万端だよ!!
だほちゃんは?!
ンダホ
ンダホ
こっちもOK
ぺけ、だほ「それじゃ、いくぞ!相棒!!」




















































ぺけとだほと別れ残った3人で上を目指す
ザカオ…ダーマ…ぺけ…だほ……
どうか無事で居てくれ!!
そしてまた広いところに出る……
影の人形
影の人形
…………………
シルク
シルク
またこいつ……
マサイ
マサイ
でも上に行くほど少なくなってる気が…
モトキ
モトキ
そうだね、少ない!
頂上まであと少しなのに……
こいつは、化け物より少し強いここで戦ってもキース戦で戦えるかどうか………
モトキ
モトキ
………2人とも行って
ここは俺が足止めするから!
マサイ
マサイ
モトキ?!お前一人じゃ……
モトキ
モトキ
大丈夫だよ、さっきより少ないし
パワーでなんとかなる!!
フィッシャーズのリーダー組として早くキースの所へ!
シルク
シルク
モトキ……
モトキ
モトキ
大丈夫、絶対に追いかけるから!
シルク
シルク
わかった、行こう!マサイ!!
マサイ
マサイ
ああ、モトキ無茶するなよ!!
モトキ
モトキ
わかってるよ笑!!
俺とマサイは頂上へ向かって走った。
モトキ
モトキ
さぁ、ここから先へは行かせない!!
お前たちの相手はおれだ!!

















































塔の頂上に着いた!扉を開けるとそこにはキースが立っていた。
キース
キース
おやおや、フィッシャーズのリーダーとサブリーダーがお出ましですか……他の皆さんもそれぞれ戦っているようですね……
マサイ
マサイ
キース………!
シルク
シルク
今回のことと言い、ぺけのことと言い、お前らの目的は一体なんなんだ!!
キース
キース
私たちは、あの方の差し金でしかありません。あなた達と戦うよう言われたのですから
マサイ
マサイ
ぺけのこと、絶対に許さねぇ!
あいつがどんなに辛かったか……
キース
キース
死に損ないのことなんて私たちにとってはどうでもいいです。さぁ、始めましょうか戦いを
シルク
シルク
ああ、始めようぜ
絶対にお前を倒す!!
・.━━━━━━━━━━━━†━━━━━━━━━━━
星月(作者)
星月(作者)
第31話はここまでです(*`・ω・*)ゞ
ついにキースと対決
シルク
シルク
一体どうなるのか?!
マサイ
マサイ
そして他のみんなは無事なのか?
星月(作者)
星月(作者)
それでは次回までバイバイ👋