無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

また会えるかな
次の日 リハーサルにて
何も知らない光がリハーサル室にやってくる。


みんながこちらを見てヒソヒソと話し始めた。


光もさすがに何かおかしいと思ったのであろう。


メンバーの元へ行くと、宏太が近づいてきて光に手渡したのは○春。
薮宏太
薮宏太
な、なぁ光…これ、ないよな
八乙女光
八乙女光
Hey! Say! JUMP 八乙女光…って、これ俺!?

なになに…LIVE終了後に一般女性と密会か、だって!?
見ると、確かに光とあなただった。

しかも、ちょうど手を振ってるシーン!?!?
知念侑李
知念侑李
ねぇ、ひか。これ、違うよな
八乙女光
八乙女光
違うに決まってるべ!?

俺はただ、この子がナンパされててそれを助けたの!

そんでお礼にって一杯だけコーラ奢ってもらったんだ!


それがなぁにが密会だよふざけんじゃねぇ!!
ジャニー喜多川
ジャニー喜多川
You,それは本当だね?
ALL
ALL
ジャニー社長!?
八乙女光
八乙女光
はい!!!
ジャニー喜多川
ジャニー喜多川
OKだよ、それが聞ければいいんだ
伊野尾慧
伊野尾慧
え?信じてるんですか社長
Hey! Say! JUMP
Hey! Say! JUMP
(Hey! Say! JUMP-慧)伊野ちゃん/伊野尾くん/伊野尾!?!?
伊野尾慧
伊野尾慧
そーじゃなくて、普通これだけネタあがってたら疑わねえ?

それをたったの一言で大丈夫とか…社長の寛大さあってこそって話
ジャニー社長神やんか
ジャニー喜多川
ジャニー喜多川
まぁまぁ、Youたちは堂々としてなさい。

大丈夫、スタッフや君たちに関わる人たちには誤解を解いておくから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
薮宏太
薮宏太
改めて社長が神だと気づいた
山田涼介
山田涼介
言い方大袈裟だけどそうだよな
といいながら○○○○ハイジャンプのロケ終了。

すると、光があっと声を上げ、指を指す。

目線の方向には…




あなた!?
八乙女光
八乙女光
あ、君!!
あなた
あなた
あ、光さん!?
Hey! Say! JUMP
Hey! Say! JUMP
(Hey! Say! JUMP-光)光さん~!?
山田涼介
山田涼介
んだよこの美人!?
伊野尾慧
伊野尾慧
なに、この子が○春の女の子!?
あなた
あなた
○春…?
有岡大貴
有岡大貴
違うんじゃないの?それか、見てないとか
知念侑李
知念侑李
ねぇ、君。これ、君じゃないの?
あなたがさっきの記事を見る。


あ。という確信犯のような顔を見せた
Hey! Say! JUMP
Hey! Say! JUMP
(Hey! Say! JUMP-光)やっぱこの子じゃん!?
あなた
あなた
いや、これ私ですけど、こんなことしてません。

第一、八乙女さんにお会いしたのはこれが初めてですし…
八乙女光
八乙女光
やっぱ、初めて会うよね…
この言い方はなんだろう。

私はずっと考えていた。

初めてのはずなのに、どうしてこのように悲しむんだ?
あなた
あなた
私がこのような事態引き起こして本当にごめんなさい。

けど、本当に、八乙女さんや皆さんに迷惑かけるつもりじゃ…
ボロッ…

涙が止まらない。どうしよう、泣きたいのは私じゃないはずなのに…
高木雄也
高木雄也
泣くな。君悪くないから。

てか、この件は撮影者のでっち上げだろ
伊野尾慧
伊野尾慧
涙は嬉しいときに流しな、今はそんなんじゃない
お兄ちゃんか!!!
あなた
あなた
…ごめんなさい…
薮宏太
薮宏太
はいっ、もうやめよ、この話。

さっきジャニー社長も言ってたから。大丈夫だって。

ねぇ、その、えっと、ごめん名前なに
あなた
あなた
時雨です。
薮宏太
薮宏太
時雨さん。大丈夫だから、笑ってね
あなた
あなた
はい(T_T)
この子はよく泣くなぁ、けどいい子。
あなた
あなた
っあ、こんな時にあれですが、

ちょっと急用あるので、失礼します。


また、LIVEで会えたら
そう言って走り去っていった。


光が言った。
八乙女光
八乙女光
また会えるかな






その願いが叶いますように