無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

好きだ
八乙女光
八乙女光
え、あなたちゃん、?
あなた
あなた
(何これ、少女マンガでしか見たことない展開)
あなた
あなた
あ、どうも…
カフェで偶然会った。

あなたはバイト、光が客だ。
あなた
あなた
…ゴホンッ、ご注文はおきまりでしょうか?
八乙女光
八乙女光
コーヒーとチーズケーキください
やばい、好きな人が目の前にいる、。

あなたはしゃがんでメモを取っていた。

ちらりと斜め上を向くと、光がこっちを見てニコニコしてた。
あなた
あなた
(いいい、今の笑顔完全に焼き付いた、!!!!)
そういうと、何故だか笑顔になってしまう
八乙女光
八乙女光
ねぇ店員さん。

あとから連絡先交換しよ?

なんか、また会う気がしてならないんだ
あなた
あなた
あ、はい、かしこまりました…!?



きゃー、やばいやばいやばぁい!



好きが止まりません!!!!




お会計
あなた
あなた
では、これ、お願い致します
八乙女光
八乙女光
はい😊



LINEに入れた光の連絡先。

何故だろう、なんか、特別感…


私、こんなに幸せでいいのかな…?

あとから運なくなっても別にいいやって感覚だわ、www




 LINEに入れたあなたの連絡先。


どうしよ、思わず言った言葉がまさか採用されるとは…?!







好きだ、…


叶わなくても、想ってていいですか