無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

始まり
チケット


当落発表


グッズ参戦


セトリ


CD発売




当日、席の運が試される


始まるまでにたくさんの楽しそうな明るい声が聞こえる


始まる五分前は


ファンも


メンバーも


全員がドキドキワクワクで待っている




会場中の照明が消えた


キャー!と叫ぶ声


その声に反応するように高まる鼓動


たった数時間で深まる絆


終わったあとも余韻は消えず


また来年へとつなぐこの気持ち




私はこの時間が大好きだった。

そして、今は、その大好きな人たちの隣にたっている。




どうやったかって?それはこの話を読めば分かること。