無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
37
2021/07/19

第1話

言いたいことが。
孤露斗
孤露斗
あの。
俺死にたいんですよね。
周りの人を不幸にしてしまうので。
でも
もふるぅには言えないんですよ。
何でかと言うと、俺が自殺しようとした時にもふるぅが止めたんですよ。
その時なんて言ったかわかります?

[お前が頑張ってきたこと全部台無しにだぞ?][お前の人生もうないぞ。]
[死のうと思うお前なんて嫌いだ。]

俺もふるぅのこと好きなんだよね。
あとこのもふるぅが言ってること一理あるじゃん?


俺お母さんに認められたくて勉強頑張ったり体育頑張たり色々頑張ったけどそれで当然って言われた、、弟はテストで10点でも20点でも褒められたのにね?
ひどくない?
だから死のうと思ったのに好きなもふるぅが止まるんだよ?
俺死んでいいのかわかんないんだけど。
俺自身は死にたいんだよ。
でももふるぅは死んでほしくないって言うんだよ。
この前俺が事故った時にもふるぅが守ってくれたから俺無傷だったの。でももふるぅは腕の骨折っちゃったんだよ。
これ俺が注意しとけば起こらなかったことなのに、、、、って思うとマジで俺死んだ方がいいのかなぁーって思うんだよね。
お母さんにも殺されかけたことあるしね。
その時は兄が助けてくれた。
お母さん蹴飛ばして[それでもお前は親か!]て。
俺人に守り続けられるならいっそ俺死んだらみんな俺守ることなくなるから自由になれるって思って死のうと思うんだけどこれもふるぅに言ったら
めっちゃほっぺ叩かれた。
パシィーンって。
[え?]って言ったら
もふるぅ泣きながら
[ごめんね]って言ったの
もう意味わかんない。
俺死んだ方がいいのかな。

アンケート

死んだ方がいいよね?
YES
6%
NO
94%
お前のことなんてどうでもいいわ。
0%
投票数: 17票