無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

138
2021/01/10

第2話

1-1 💎10人目のヒロイン誕生!?



他の学生たちが帰ってしまった講義室で、私は、何故かTWICEに、囲まれていた。
ナヨン
ナヨン
あなたが10人目だったんだね!
me
me
10人目って、、、、、、なんですか?
ジョンヨン
ジョンヨン
とぼけなくていいって
ジヒョ
ジヒョ
ここにいるみんな、ちゃんと分かってます
ミナ
ミナ
私たちを信用してください
モモ
モモ
そうそう。あなたと私たちは仲間なんだから
me
me
仲間?あの、、、、、、私、みなさんとは、今初めて話したばかりで、、、、、、
サナ
サナ
あ、そういえば初めましてだ!自己紹介しなくちゃね!私は、サナ♪
サナ
サナ
えっと、あとはナヨンさんにジョンヨンさん、モモ、ジヒョ、ミナ、ダヒョン、チェヨン、ツゥイ、、、
サナ
サナ
それでね、サナは世界中のみん〜な友達だよ!セミ以外は!
me
me
は、、、、、、はい?
me
me
(この人たち、いったい何を言ってるんだろう、、、、、、?)
チェヨン
チェヨン
その光、間違いなくスマイルジュエルだよ!
me
me
スマイルジュエル?、、、、、、あっ!


輝きだした石を両手で包み隠したつもりだったけど、強い光が指の間から漏れている。
me
me
(この石のせいで、なんか勘違いされてるんだ、、、、、、)
me
me
あの、これは昔、お菓子屋のおばあさんに貰っただけなの━━━━
ツゥイ
ツゥイ
私たち、やっと会えましたね
ダヒョン
ダヒョン
感激です!
me
me
いえ、だから━━━━
ナヨン
ナヨン
あなたが10個目のスマイルジュエルを持っていたのね!
ジヒョ
ジヒョ
どうして一族の方々は、隠してたんですか?
モモ
モモ
今まで1人で戦ってたの?
me
me
そうじゃな━━━━
サナ
サナ
ねぇねぇ、好きな食べ物なぁに?
ジョンヨン
ジョンヨン
それ、今関係ないよね?
me
me
(わかった、、、、、、。勘違いされてるんじゃなくて、私の事からかってるんだ。)
me
me
(こんな遊びに付き合ってる場合じゃないぞ、、、)
me
me
私門限あるので、そろそろ帰らないと、、、、、、


そう言って、椅子から立ち上がろうとしたけれど、、、、、、
ナヨン
ナヨン
待って!

『ナヨンさん』と呼ばれてた女の子がいきなり私の腕を掴む。
me
me
え!?
ナヨン
ナヨン
一緒に行こう!
me
me
い、一緒にって、、、、、、!?












TWICEに連れられ、私は、人通りの少ない路地までやってきた。━━━━━━━━━━━━