無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

「はっけん⁉︎」
高校二年生の あなた は、同級生の星宮公実と放課後、寮へと帰っていた。
公実
公実
あれ あなた 、誰とトークしてるの?
あなた

え⁈

公実
公実
誰? もしかして恋人⁈ まじかぁ、お母さん嬉しいよぉ……(泣
公実が あなた のスマホを無理やり覗く。
あなた

もう、そんなんじゃないよ……

公実
公実
でもほら、宇佐美先輩じゃん
あなた

いや、宇佐美先輩だけど……

公実
公実
どれどれ……
公実
公実
あー、なぁーんだ、まーた動物の話か
あなた

そりゃ、動物でしか共通点ないからね。ほら、送られてきた動画! このうさぎ、めっちゃ可愛くない⁉︎

公実
公実
可愛いけどぉ……、私はやっぱりハムスターかな!あんな小っこいんだよ? 好きじゃない方がおかしいよ!
あなた

あはは、それは言い過ぎじゃないかな……

公実
公実
なら、あなた は、動物何推しなの? 犬? 猫?
あなた

私は……、うーん、選べないなぁ

公実
公実
じゃあ動物推しだね!
あなた

幅が広いなぁ、まぁ全般好きだけどさ

ふと あなた が目をそらすと、道端に何かを見つけた。
あなた

あれ……?

公実
公実
ん、どーした?
あなた

あんなところに、不自然にダンボールが……

公実
公実
えぇ、あれは怪しすぎるでしょ……
あなた

でも、中に捨てられた動物とかいるかもだし……

公実
公実
えぇ、びっくり箱とかだったらどうするの⁈
あなた

いや、さすがに外見ダンボールのびっくり箱なんてないでしょ……

あなた

とにかく、ちょっと見てくるね

公実
公実
ほんとに行くの⁈ どうなっても知らないからね⁈

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

北原とんぼ
Vantanバッジ
北原とんぼ
こんにちはー} \(*´∀`*) 北原とんぼ です! のんびりと書いてきますが、必ず続きは書いていきますので、応援よろしくお願いします〜!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る