プリ小説

第5話

「へんしん⁉︎」
ひょんなことから犬の「ポチ」と猫の「タマ」を引き取ったあなた。命名とご飯を終え、一息つくようで。
あなた

じゃ、私はシャワーに行くから……、お利口にして待ってるんだよ?

ポチ
ポチ
わぉん!
猫
ふにゃあ
……
…………
………………
あなた

(ふぅ、さっぱりしたぁ……)

ここは女子寮の一室、しかも1人部屋。私が部屋のドアを開けない限り入って来られる人なんていない。ましてや男性なんて。
あなたは途端に怖くなった。
あなた

え、え⁈ どうしよ……⁉︎

タオルで髪を拭きつつ、シャワー室から出る。
すると、居間の方から聞いたことのない男の人の声がした。
あなた

(え、誰⁈)

シャワー室に置いてあった、全然使ってない手桶を手に取り立ち向かった。いざという時、手桶は役に立つ。頼り甲斐はないけど。
そして、居間の扉を勢いよく開け放つ。
あなた

あなたたち! 誰なんですか‼

???A
わん?
???B
にゃ……
あなた

わん? にゃあ?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

北原とんぼ
Vantanバッジ
北原とんぼ
よろしくお願いします