無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

まさの気持ち
俺は、後悔した…
あの時、みずきの様子が変だと気付いていたのに…

なんで、あの時…話聞いてやれなかったんだ…

もし…話を聞いていたら、こんな事になってなかったんじゃないか…

後悔しかない。

みずき…

お前の心の傷を癒してやる事は出来ないのか?

俺は、ベッドで寝ている、みずきを見ながら、そう思っていた…