無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

部屋で
よっしーに送ってもらって部屋に帰って来た。

《みんなと会えるなんて思ってなかったなぁ〜❗️みんな、変わってなかった。ただ…私は、みんなに話せない事がある…隠せるなら隠し通したい…
でも、いずれ解ってしまうのかもしれない…特に、よっしーには…あー見えて刑事だから…しかも警視庁の…まぁ、その時は話さなきゃいけないなぁ〜》なんて思いながら、お酒も少し入っていたから寝てしまった。


私は、5年前…就職してから付き合っていた人が居た。
幸せだった…
優しい人だった…
いずれ結婚する予定だった…
だけど…彼は、もう居ない…

あの時、私は、どん底に落とされた気がした。絶望感しかない…
そんな日々を過ごした。

ようやく立ち直り始めた。

そんな時に、みんなと再会した…

救われた気がした。