無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

よっしーと…
よっしーside

やっぱ、何かあったんだ…
1度、みずきに会ってみるか…
何か聞けるかもしれない…と言う期待を込めて電話した。
井ノ原快彦
もしもーし😊
みずき、俺だよ😊
みずき
よっしー😊
どうしたの?
井ノ原快彦
会えるか?
みずき
えっ?今?
井ノ原快彦
うん!今
みずき
突然だね(^^)
別に良いよ😊
井ノ原快彦
なら迎えに行くから…家で待っててよ😊
みずき
了解👌
気をつけてねー
俺は、急いでみずきの家に向った。
井ノ原快彦
みずき、着いたから
みずき
今行くね😊

お待たせ〜😃
何か、こうやって見ると、よっしーも刑事さんなんだって、つくづく思うよ😊
井ノ原快彦
そうか〜😊
何か照れるわ💦
みずき
よっしーもだけど、みんな凄いよね!それに比べたら私なんて全然駄目だなぁ〜って思うよ。
井ノ原快彦
なぁ、みずき…
みずき
うーん?
井ノ原快彦
今まで何があったんだ?
話してみろよ!
みずき
……
ヤダ!よっしー刑事さんの顔になってるよ😊
井ノ原快彦
ごめん🙏でも何かあったんなら話してみろよ。
みずき
相変わらず、よっしーは優しいんだね。でも、ごめん🙏話せない。
よっしーには…だって刑事だから…
帰るね💦
井ノ原快彦
ちょ…みずき待てよ!
どう言う事だよ。意味わからんよ。
みずき
ごめん、今日は帰る。
腕を掴まれた時に、バックを落として、地面にはバックの中身が出た。
井ノ原快彦
ごめん…
俺は、バックの中身を拾っていた時に、ある物に目が止まった。それは1枚の写真…
みずきと一緒に写っていたのは…
ある事件で亡くなった被害者だった…
どう言う事だよ…
あの事件の被害者の彼女って…みずきだったのか?
あの時、被害者には、身寄りがない…
彼女は居たけど…事件後、引っ越しして居場所がわからなかった。

まさか…嘘だろ…
みずきが…
井ノ原快彦
…みずき。この写真
みずき
(黙ってる)
井ノ原快彦
どう言う事だよ?
みずき
ごめん、帰る。
(泣きながら、その場を去った)
みずきが抱えていたのは、この事だったのか?
俺には言えないって…刑事だからって…そう言ったのは、この事だったのか?
俺は、やり切れない気持ちで、警視庁に戻った。