無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

じゅんじゅんと…
日曜の朝…
携帯が鳴り響いた。

みずき
じゅんじゅんだ😊

もしもし、じゅんじゅん?
岡田准一
今日暇か?
みずき
いつも暇だよ!
岡田准一
出てこれるか?
みずき
大丈夫だよ😊
どこ行けば良い?
岡田准一
あっ!やっぱ迎えに行くから家で待ってろ!10分後くらいには着くからな(^^)
そう言って電話は切れた。

10分後…
玄関のチャイムが鳴る…

みずき
はーい!
今行くから、ちょっと待って

お待たせ😊
岡田准一
出かけるか?
みずき
珍しいね!じゅんじゅんが誘ってくれるなんて😊
岡田准一
たまには良いだろう😊 
ほら行くぞ!
じゅんじゅんは、ちょっと照れくさそうに言うと、歩き出した。