無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

みんなと…
私は、まさに連れられて、みんなとの待ち合わせの店に来た。
坂本昌行
みずき、大丈夫か?
みずき
うん…
坂本昌行
じゃ行こう!みんな待ってる
そう言って私の手を引いて店の中に入った。
坂本昌行
お待たせ…
みずき来いよ。
メンバー全員
みずき😊
みずき
(涙が溢れる)みんな…
岡田准一
元気そうで良かった(^^)
みずき
じゅんじゅん😭
長野博
ともかく座って…
椅子に座って…私は、みんなの顔を見て
みずき
みんな、ごめんなさい。
心配かけて…
三宅健
気にすんなよ!
みずき
私…ずっとずっと…
そう言って自分の思ってる事を全部話した
森田剛
みずき、たくさん辛い思いしてたんだよな。でもさもう1人で全部背負うなよ。俺たち居るんだから。
長野博
そうそう。俺たち、いつも7人で乗り越えて来たんだから、これからも同じこと…
みずき
私、彼が亡くなった時、本当に死んでしまいたかった。絶望感しかなかった。ようやく立ち直りかけた時、みんなに会えた。
井ノ原快彦
みずき…
みずき
よっしー…ごめんね。あの事件の事で、よっしーに嫌な思いさせたよね?
よっしーが悪い訳じゃないって頭では充分分かっていたけど…やっぱ辛かった。
私は、話しながら心にあった氷のような気持ちが少しずつ溶けているのがわかった。

みんなは、何も変わってない。
私の帰る場所を…帰れる場所は、ここなんだ…って

みんなのところなんだって思った