無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

まさか…2
ケンケンが私の手を引っ張ってその場から離れようとした…私は、その手を振りほどいた。
三宅健
みずき…待て。
みずき
嫌、よっしーのところ行く
森田剛
馬鹿、お前死にたいのか?
みずき
だって…よっしーが…
坂本昌行
こっちに来てろ!
そんなやり取りをしている時でも…よっしーの前には、錯乱状態になっている刃物男が暴れていた。
長野博
マズイな…かなり混乱してる…
私は、不安しかなかった…
森田剛
あっ🤭!危ない…
刃物男が、他の人に襲いかかった瞬間、よっしーが庇うように、その人を押しのけて刃物男の前に立ちふさがった。
メンバー全員
あっ…
坂本昌行
みずき。見るな
その時、刃物男は取り押さえられた。

よっしーは、腹部を刺された。

私は、まさから離れた…
私達は、目の前で倒れている、よっしーを見た…
メンバー全員
井ノ原…
みずき
よっしー…(駆け寄った)
井ノ原快彦
……
みずき
よっしー…しっかりして😭
井ノ原快彦
……
よっしーは、すぐに救急車で病院に運ばれた。