無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

みんなに話する
剛side…

みんなにも話しなきゃ…と思って連絡した。

いつも集まる店で会う事になった。

次の日、みんなで集まった。
坂本昌行
何かあったのか?
森田剛
実は、みずきの事なんだけど…
岡田准一
ってか、井ノ原は?
森田剛
その事を含めて話があるんだ。
昨日の夜、みずきな、仕事帰りに、同じ会社の奴に襲われかけた。
メンバー全員
えっ?
坂本昌行
どう言う事だよ?
森田剛
最近、誰かにつけられてるような気がしてたらしい。
長野博
…ストーカー?
森田剛
あー
俺は昨日の夜事を全て話した。
三宅健
…これ以上、みずきに辛い思いさせる訳にいかないよな
メンバー全員
(頷く)
森田剛
今、井ノ原がみずきの家の近くで見張ってる。万が一の事があったら困るから
長野博
何で、みずきばっかり、こんな思いするんだろうな…
坂本昌行
俺会社近いから帰り誘って一緒に帰れるようにするわ
岡田准一
俺も、なるべく一緒に居られるようにするわ
みんなが、みずきを守る事を決心した。
森田剛
何かあったら連絡くれ。
そう言って、その日はみんな帰った…


でも…まさか…あんな事になるなんて誰にも予期出来なかった。