無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

久しぶりの再会
『V6は芸能人の設定ではありません!』
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は嶋川みずき…
某会社に勤めている。

その日、仕事帰り…
会社の同僚から聞いた、お洒落なお店を探していた。ウロウロしていて、前を見てなかった…

ドン…誰かにぶつかった…
みずき
あっ🤭すいませ…
私は、そう言いかけて相手の顔を見て、動きが止まった…
坂本昌行
こちらこそ…って…
みずき
えっ!もしかして…まさ?
坂本昌行
えっ!もしかして…みずき?
みずき
…うん!
坂本昌行
わー!ビックリ‼️
お前、元気だったか?
みずき
…(涙ぐむ)
坂本昌行
どうした?
とりあえず、こっち来い!
昌行は、私の手を引いて人混みから離れた場所に連れて行ってくれた。
坂本昌行
大丈夫か?
みずき
うん…久しぶり過ぎて、嬉しくて😊
坂本昌行
何かあったのか?
みずき
…ううん😂何も無いよ!
坂本昌行
なぁ、みずき
俺さ、みんなと待ち合わせしてるから、一緒に行くか?
みずき
みんなって…もしかして
坂本昌行
そうだよ!行こうぜ😊
そう言って昌行は私の手を引いて歩き出した。