無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

2人の話
森田剛
ごめんな。当直なのに…
井ノ原快彦
あー良いよ。で…大事な話って?
森田剛
うーん、みずきの事なんだけど…
井ノ原快彦
みずきの事?
森田剛
今日、あいつ襲われかけた。
ストーカー的な男に…
井ノ原快彦
えっ?どう言う事…
俺は全てを話した。

井ノ原快彦
そっか…みずきは俺に会いたいなんて思わないよなぁ。まだ犯人だって逮捕出来ていない。みずきは警察に不信感持ってるし…でも、大丈夫。俺が守るから。守ってみせる。どんな事してでも。
森田剛
みずき大丈夫かな?
ちょっと心配だけど。
井ノ原快彦
心の傷は消えない。結婚しようと思っていた彼だったし…みずきの気持ち考えると辛い。
森田剛
お前、もしかしてまだ、みずきの事…
井ノ原快彦
あー!
森田剛
そっか…わかった。

今日の事は、みんなにも一応話しておくから。
井ノ原快彦
わかった。
俺は、2人の気持ちを考えると辛かった。学生の頃、お互い好きだったのに、気持ち伝える事も無く…

そんな2人が今…全く違う方に気持ちが変わってしまった。井ノ原の気持ちは変わってないのに…

こんな形で…辛すぎる。

そんな事を考えながら家に帰った。