無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

病院で…
俺達は、病院に着いた。

井ノ原快彦
みんな待っててくれ。
状況を確認した…

やはり間違いなく、みずきだった。
遺書もあった。

遺書の中には、彼のところに行く…

その一言だけ書いてあった。

今日は、あの事件から2年目の日だった…
俺は、みんなのところに戻った。
メンバー全員
井ノ原…
井ノ原快彦
間違いなく、みずきだ。
遺書もあった。
幸い発見が早かったから大事には至らないから安心しろ。
森田剛
遺書…って
なんで…みずきが?
俺は、みんなに話をするか迷った…
でも、迷ったけど…話する事にした。
井ノ原快彦
…みんなに話があるんだ。
みずきの事で…
場所を変えて話をする事にした。