無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

356
2018/06/21

第6話

それぞれの過去 隆(ザカオ)
俺の過去の話をするよ


この星に来たのは10年くらい前


地球での戦争が激しくなっちゃって


俺らみたいな民間人は避難しないと


いけなくなった


その時俺は7歳だったっけ


ちっちゃい妹と母さん父さんの


4人で一緒に避難するはずだったんだ


なのに……


いないんだよ


機内のどこにも


一緒に宇宙船に乗ったはずなのに


何処にもいない


俺は必死で探した


自分で言うのもあれだけど


俺すごいビビり&怖がりだからさ


パニックになって泣きまくってたな








優心(シルク)
優心(シルク)
お前、どうした?大丈夫?
そんな時に優心と出会った


アイツすげぇよな


まだ子供なのにめっちゃ冷静だったんだよ


俺が落ち着いてなさ過ぎだったのかもしれんけど

隆(ザカオ)
隆(ザカオ)
俺、1人になっちゃってさ…………
優心(シルク)
優心(シルク)
なんだ、俺と同じじゃん
隆(ザカオ)
隆(ザカオ)
え、?
優心(シルク)
優心(シルク)
でももう1人じゃないな
俺と会えたから
コイツ頭やられてんのか…?


って思ったけど


なんか妙に安心したのを覚えてる


そっから着くまで2人でいて


避難所で他の人達と会って


現在に至るって感じかな













後から聞いた話だけど

あの時


宇宙船に乗れる人数がオーバーしてて


誰かを降ろさないといけなくなったらしい


降ろされた人の中に俺の家族が


入っちゃってたんだなきっと


もし、降ろされてなかったら


今も生きてたかもしれない


運命って怖いな