無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

276
2018/07/18

第11話

それぞれの過去 将太(マサイ)


俺のカゴ??





……………………………………







あ、違う過去か…()





いや、ふざけてないよ?




本気で間違えた






それもそれでヤバいけど………









そんな事はよくて



実は俺、ここの避難所内でいじめられてたんだ



同級生3人に



元々地球にいた時からなんだけど




その時より酷かったかな





いじめの原因は俺がハーフだから






意味わかんねぇだろ?




まだガキだったから他の人とは




ちょっと違う俺が変な風に見えたんだろうな




押されたり蹴られたりなんて日常茶飯事




相談するような人がいないから




耐えるしかなかった





そんな時に助けてくれたのが





優心(シルク)達6人









優心(シルク)
優心(シルク)
おいこらぁ!!
3対1は卑怯だろうが!!



広場で蹴られまくってた時




優心がホウキを振り回しながら




走ってきた






その後ろからほかの5人の姿が見える





優心(シルク)
優心(シルク)
俺が相手だごらぁぁ!!
豊(モトキ)
豊(モトキ)
ちょ、優心やりすぎだって!





優心の勢いにビビったいじめっ子達は




逃げてった








優心(シルク)
優心(シルク)
くそぉ、覚えてろよアイツら…




ちっちゃいわりに凄いなコイツ………




大輝(ンダホ)
大輝(ンダホ)
大丈夫?



少し体が大きい子が手を差し伸べてくれた




将太(マサイ)
将太(マサイ)
うん、ありがとう
達也(ダーマ)
達也(ダーマ)
怪我してんじゃねぇか




けだるそうにしてるメガネ野郎が言った







俺の膝や口からは赤い液体が




少しだけど流れている




隆(ザカオ)
隆(ザカオ)
痛そうだね…
将太(マサイ)
将太(マサイ)
大丈夫だよ、慣れてるから
優心(シルク)
優心(シルク)
お前、ちょっとはやり返せよな
将太(マサイ)
将太(マサイ)
やり返せって言われても……
優心(シルク)
優心(シルク)
アイツらまたお前の所に来るぞ?
明(ぺけたん)
明(ぺけたん)
そうだね…絶対来るね…
将太(マサイ)
将太(マサイ)
いや、でも……俺弱いし……
大輝(ンダホ)
大輝(ンダホ)
なら俺らで守ればいいじゃん!
将太(マサイ)
将太(マサイ)
え?
大輝(ンダホ)
大輝(ンダホ)
優心が傍にいれば近寄って来ないと
思うし
豊(モトキ)
豊(モトキ)
そうだね、それがいいよ





勝手に話が進みまくる




達也(ダーマ)
達也(ダーマ)
荷物まとめて俺らの部屋に来いよ
将太(マサイ)
将太(マサイ)
なんか悪いな……
優心(シルク)
優心(シルク)
いいんだよ気にすんな!
人数多い方が賑やかで楽しいしな!
将太(マサイ)
将太(マサイ)
じゃあよろしく…
優心(シルク)
優心(シルク)
おう!








優心達のお蔭で俺はいじめから逃れる事が出来た








その後もいじめっ子達とすれ違ったりしたけど




俺の傍には優心が絶対居たから




チラ見してそそくさと逃げてく





なんだよ、情けねぇヤツらだなw





あれから10年経ったけど





いじめっ子達見なくなったな






まぁどうでもいいんだけどさ







これが俺の過去ね