無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

5
23
2021/03/27 02:35
神谷 結月
どうしようかな、この10万円
私は自分の部屋の机に10万円の入った茶封筒を置き考え込んだ。


まさか本当に払って来ると思ってなかったから、


いざ渡されると…困る。


と言うかこれカツアゲとか言う奴じゃない?


弱いものいじめてない?


月10万円払って家計は大丈夫なの?


両親心配しない?


はぁ…ただのストーカーのせいで…
神谷 結月
何で私が悩まなくちゃいけないの!
もやもやした気持ちについ机に拳をぶつけガンッと強い音をさせた。


どうして私が好きなわけ?


ただぶつかって謝ってペン拾ってあげただけでしょ?


この行動にストーカーするほど好きになる要素ある?


ほんと意味わかんない…マジムカつく。


嫌い嫌い。大嫌い。本当に嫌い。