無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

あなたの家で押し倒されてみた
弟者

弟者)あなた可愛いよ。人の家だともっと緊張するな。
〈首筋に顔を埋める〉

「やっ…/////」

弟者)もっと声…聞かせて…


―――――――――

ちょっと甘え基質になる。
なんとも可愛い


兄者

兄者)あなたいい匂い…我慢出来ねぇな。
綺麗な太もも…柔らかそ。

〈太ももを撫でる。〉

「やっ…//」

兄者)可愛い声しやがって、

――――――

夜になった時、1番凶暴そうな兄者
かっこいい

おついち

おついち)あなたはどの角度から見ても可愛いね。食べてい?

〈首筋にキスマ付ける〉

「やっ…」

おついち)これで君は僕のもの。今夜はいっぱい突いてあげるから。

―――――――――

1番テクニシャンそう。
絶対惚れるでこれは