プリ小説

第8話

雨に降られてみた
弟者

「うわっ、すごい濡れてんじゃん。早く入って!着替えとか俺のでいいからシャワー行きなよ!」

――――――――――――

めっちゃ心配してくれる。
後で、あなたが弟者の服を着て出た時、顔が真っ赤になりそう。



兄者

「本降りになってる。髪とか服とかぐしょぐしょじゃん。タオルもってくるからそこで待ってろ」


―――――――――――――――

こちらととても優しくしてくれる。タオルを取りに行ってる途中、「下着すけてた!!」
なんてことを考えてそう



おついち

「うわぁ!あなたすごい濡れてんじゃん。変な人に見られてないよね?
あなた可愛いんだから用心しないと!タオルもってくるから待ってて!」


――――――――――――

めっちゃ喋る。これは心配の現れ
彼女のことを1番に思ってくれる

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ポッチ
ポッチ
皆さんが楽しめるような作品書いていきたいです
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る