無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

駅で偶然会ってみた。
弟者

「あ、弟者さん。」

弟者)あ、あなたさん!偶然ですね、お買い物ですか?僕は…


―――――――――

めっちゃ話してくる。
愛想笑いをすると、迷惑かけた?!と思ってしまいシュンとしてしまう。
まさに大型犬が悲しんでるように…


兄者

「あ、兄者さん。」

兄者)あ、こんにちわ。偶然ですね、

―――――――――

口数は少ないが、
めっちゃみてくる。「あーこの人会社帰りか、」とか本人は無意識だろうけどめっちゃみてくる。


おついち

「あ、おついちさん」

おついち)お、あなたちゃん!偶然だねぇ。どこいってたの?ここら辺物騒だから、気おつけてねぇ

―――――――――

ちゃん呼び。しかもすっごく心配してくれる。とてもフレンドリーな方