無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

12
蒼葉亜美あおばあみ
はぁ‥
疲れた
って‥11時30‥!?
嘘でしょ
携帯を見ると
常盤萩斗ときわしゅうと
今から大丈夫?
常盤萩斗ときわしゅうと
あれ、亜美どした?
常盤萩斗ときわしゅうと
大丈夫?
常盤萩斗ときわしゅうと
そっちいくわ
嘘‥
萩斗がうちにくる
お母さんが未来凛の家だって言う
未来凛のことあんま知ってないはずだし
萩斗より未来凛を選んだってなってしまう
何も考えず走り出した
萩斗のところに行って謝らないと
坂村愛菜さかむらあいな
ちょ!
愛菜の声は聞こえるけど止まらない
そして20分ほどかけて家に着く
蒼葉亜美あおばあみ
はぁ‥っ‥はぁ‥
運動部でもない私はかなりキツかった
そもそも運動できないし
蒼葉亜美あおばあみ
萩斗‥!
家の前には萩斗の姿があった
蒼葉亜美あおばあみ
萩‥斗‥ごめん‥ごめんなさい
常盤萩斗ときわしゅうと
なにかあったんでしょどうせ
いつもなら冗談気なのに
違う‥
かなり‥真剣だ
常盤萩斗ときわしゅうと
それで‥?
蒼葉亜美あおばあみ
私‥今まで‥◯◯中にいたの‥っ‥
萩斗に黙らなかったらよかった
常盤萩斗ときわしゅうと
◯◯中!?
なにしに行ってんの!?廃校やろ
蒼葉亜美あおばあみ
調査しよ‥ってなって
夜しか侵入厳しいらしいし
萩斗はじーっとこっちを見ている
常盤萩斗ときわしゅうと
でも無事でよかった
萩斗‥っ‥



いつもはあんまりしてくれないけど
抱きしめてくれた
嘘ついてたのに‥
蒼葉亜美あおばあみ
ごめん‥ほんとに‥ごめん
常盤萩斗ときわしゅうと
ま、次からは連絡して。
亜美が一人とかありえないし
蒼葉亜美あおばあみ
‥う‥うん、
すると後ろから声がした
??
おーい!蒼葉さーん!
え、
蒼葉さんって‥言う人‥って
御寺先生‥!?
御寺孝太
暗い中一人で走ってくなんてあぶ‥っ‥!?
萩斗を見て驚いている


そして私から手を離した
常盤萩斗ときわしゅうと
え、まさか‥
萩斗は冷たい目を向けてくる



何を言われるかなんかもうわかってしまった
常盤萩斗ときわしゅうと
そういうことだったんだ
そういうこと‥って‥違う‥
先生を選ぶとかじゃないし
先生は愛菜の‥彼氏だし
蒼葉亜美あおばあみ
違う‥!違うの!
常盤萩斗ときわしゅうと
でも‥こんな夜に他の男といるとかそういうことじゃないの?
萩斗は今にも泣きそうだった
蒼葉亜美あおばあみ
先生は違う!愛菜の彼氏だし‥!
愛菜たちといたから‥未来凛とか由那とか‥
常盤萩斗ときわしゅうと
常盤萩斗ときわしゅうと
頭冷やしたいし
ごめん
今日はさよなら
そう言って去っていった
蒼葉亜美あおばあみ
どうしよ
どしよ
もうどうしたらいいの
御寺孝太
御寺孝太
ごめん。タイミング悪かった
先生が悪い?
いや、違う
誤解させた私が悪い
蒼葉亜美あおばあみ
いえ、先生は悪くないです
御寺孝太
坂村愛菜さかむらあいな
おーい!はぁ‥はぁ‥
息を切らして三人がやってくる
佐方未来凛さかたみくり
どしたの
とりあえず言おう
蒼葉亜美あおばあみ
萩斗と‥
全てを話す
佐方未来凛さかたみくり
まじか‥
泣いても意味ないのに
涙が溢れてくる
萩斗は私にとって
とっても大切だった
だけど約束を忘れた
ほんとに大切な人の約束忘れた
そんなの普通はないはずよね
萩斗より私は事件を調べることを選んだ
萩斗からしたら他の男と遊んでた
ってなる
蒼葉亜美あおばあみ
どうしよ‥どしよ‥私‥私‥萩斗を‥
佐方未来凛さかたみくり
落ち着いて2年も一緒にいたんでしょ!
萩斗くんも話したらわかってくれるはず
今は落ち着くまで一人でいさせてあげよ?
ね‥?
未来凛は一切私を責めない
自業自得といわれても仕方ないのに
坂村愛菜さかむらあいな
西沢由那にしさわゆな
‥亜美‥ちゃん‥
あの、ね。
私が常盤の立場なら
西沢由那にしさわゆな
とても嫌だと思うよ。
だけど
やっぱり嫌がられるんだ
当たり前だ
西沢由那にしさわゆな
だけどね
常盤は多分私たちより亜美のこと知ってるよ
だって、小学校から同じだったんだよね。
付き合ってからは2年だから私らの方が長いけど
出会ってえ‥と6,9,
西沢由那にしさわゆな
11年でしょ?亜美は17でしょ?亜美の人生の半分以上どこかしらで関わってるし‥
西沢由那にしさわゆな
きっと亜美のことわかってくれてるよ
私は
萩斗のこと多分なんにもわかってなかったのかもしれない
話してみてもないのにどうしようって必死で
私には萩斗の存在は大切だった
だけど
私に見えた萩斗はきっと違ったんだ
本当に私は萩斗と向き合えてたのか
いや、向き合えてなかった‥よ
蒼葉亜美あおばあみ
‥!
佐方未来凛さかたみくり
ん。その顔は大切なことに気づいた証拠!
はい!それじゃあうちおいで!
大切な思い出話でもしよーみんなで
佐方未来凛さかたみくり
自分が出来ることそれは
自分しかわからない。
亜美はいったいどうしたいのか。
それを決めるのも亜美。
佐方未来凛さかたみくり
亜美の決めたことなら私は応援するよ
いつもの優しい笑顔で微笑みかける
蒼葉亜美あおばあみ
あ‥ありが‥とっ‥
佐方未来凛さかたみくり
泣くなってー
坂村愛菜さかむらあいな
亜美‥私もだよ
西沢由那にしさわゆな
私も‥!
自分がどうしたいのか
私はきちんと伝えないといけない
萩斗に