無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8
出会い系サイトにまず登録をする


もういらない携帯で
公共のWi-Fiをつかう。
SIMカードももちろん入れていない
アカウント
Hakoっていいます!
最近いろいろ悲しいことばっかりでつまんない(><)。
だから誰か構ってくれるかな??
はじめてだし‥50万ぐらいくれたら嬉しいな♡
なんでもしていいよ♡
こんな感じか‥。うん。
警察にバレたらってたまたま似てる人ってことにすればいい
じゃあもう一人は必要
いや、リサでいいか
たまたまそこにHakoと名乗ってる人がいてたまたまそこに金谷がいただけよ
ネットで金谷が着ているような服を探す
うーん。これかな
うん。これだ
その服を購入する
これはリサが使うもの
てか、返事もうしてるじゃん
そんなに飢えてんの?おじさんたち
わろた
じゃあ金谷とだな
Himeka
葉子ちゃん!こんどさお出かけしない?
お友達も呼んでいいかな?
金谷葉子
いいけどどんな人‥?
Himeka
え、とね。大人しい人だよ
まて、なんでこんなのいったんだ
まぁいいや
金谷葉子
そっかーいつ?
そんなの早くていい
服は明日だから明後日
Himeka
明後日は?
金谷葉子
わかった
Himeka
どんな服でくるの??
金谷葉子
えーといつものだよ
よし、合ってた
Himeka
了解!よろしくねー!



明後日
町田リサ
で、私にこれを着せるってこと‥か
遠山伶奈
リサしかいないから
町田リサ
まぁいい。金谷が襲われそうな時にフラフラと街に出ていけばいいんでしょ
遠山伶奈
ええ、リサ。
遠山伶奈
てか、メイクもしていい?
町田リサ
うん
メイクは自信があるから
もう、リサってわかんないよ。
だから大丈夫
町田リサ
お、いいじゃん!
遠山伶奈
そりゃ私がやったから
町田リサ
何よその言い方〜
そして作戦決行だ
出会い系サイトで服装などを伝える。
待ち合わせ場所はホテルがたくさんあるところ
まぁかわいいお店も何故かあるから違和感はない
そして金谷の姿を確認した。よし。
金谷の服装などを伝える
ただし、リサともわかる程度に
そして次はこうだ
Himeka
ごめん!電車遅れちゃって‥
ゆっくり待っててね
金谷葉子
うん
電車なんて嘘よ
そしておじさんが金谷に話しかけた
抵抗をしているけど
意味はないみたい
リサは上着を脱いだ
そしてさっきまで金谷がいた近くに立つ
そして私は金谷を追いかけた
息が荒れない程度に
金谷葉子
やめ‥っ‥!
遠山伶奈
か、金谷‥さ‥ん!?
たまたま通りかかったフリをする
おじさんは逃げていった
遠山伶奈
どうしたの‥金谷さん
金谷葉子
急に‥話しかけられて‥
遠山伶奈
でも‥ナンパとか‥じゃないよね。この時間的に
昼間だしね
金谷葉子
遠山伶奈
ごめんね。私用事あるから。
はやく帰った方がいいわよ
もう一軍の私の言うことは従わない奴はいない
用事?そんなの後付けよ
リサにメッセージを送る
遠山伶奈
いけた?
町田リサ
うん
そして出会い系サイトに登録していたいらない携帯を川に放り投げた
これでいいんだよ
証拠なんてないわ