無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9
その日
リサを家に招き
画像を印刷する
遠山伶奈
金谷の家‥どこ?
学校で貼る?そんなの面白くない
家に届けるの
町田リサ
葉子っちの家‥かぁ。知ってるよ
あ。意外と近かった記憶
二人で変装というかいつもと違う服装にする
これでいけば目撃されても問題なし
リサに案内されて金谷の家に着く
ポストに写真を入れて再び服装を変えた
そしてカフェに行って写真を撮る
これは、用事がリサとカフェに行くことっていう証明になる
カフェで一緒に話す
店員
オーダーをお伺いします
町田リサ
イチゴパフェとタピオカミルクティーで
遠山伶奈
ホットココアで
店員
かしこまりました
遠山伶奈
なんでそんなにタピオカミルクティー好きなんだよ
町田リサ
え、美味しいよ?いる?
遠山伶奈
いらない
遠山伶奈
そんなのに高い金出す理由がわかんないわ
町田リサ
まぁいいじゃん。
町田リサ
てか、また砂糖入れまくり
遠山伶奈
甘いのがほしいのよ
疲れてんの。頭使ったから
町田リサ
次はどうすんの
遠山伶奈
朱雀翔琉
朱雀翔琉すざくかける
容姿だけは完璧
それ以外はいいところなし
町田リサ
なにかいい情報あんの?
遠山伶奈
あいつタバコ臭い
町田リサ
あーそーゆー系ね
遠山伶奈
そう。
町田リサ
誰にバラすの?
遠山伶奈
いや、それはしない
町田リサ
え?
遠山伶奈
脅して利用する
男手もそろそろ必要かもしれない
町田リサ
お。やるね。
あいつビビリだからいけそう
遠山伶奈
だから利用すんのよ
そして翌日
金谷の姿はなかった
先生
遠山ちょっといい?
‥焦らせんなよ
遠山伶奈
はい
連れて行かれたのは生徒指導室
バレた‥?
いいえ、完璧なはずよ私は
そんなミスは起こさない
先生
金谷と昨日あったみたいだな
遠山伶奈
あ、あのことですか。
なにか?
先生
事情を知りたくてな。
遠山伶奈
たまたま通りかかったんです。
偶然を装う
遠山伶奈
リサ‥町田さんとカフェに行くことになってて
たまたま金谷さんを見つけて
店に入ろうとしていたので
声をかけました
スラスラ言い過ぎない
完璧よ私
先生
わかった。金谷さんも止めてくれて感謝しているそうだ
感謝‥ね
裏で私がやってたって知ったらどうなるのだろう
それはそれで楽しそう
先生の見えないところでニヤリと微笑んだ
次も‥ちゃんとやっちゃいますよ



教室に戻る
朱雀翔琉
あー伶奈ちゃん大丈夫だったー?
きた、朱雀
彼女がいないのが不自然な容姿ですね。相変わらず
あと、伶奈って急に呼ぶなよ
焦るじゃん
遠山伶奈
大丈夫。お気遣いありがとう
朱雀を脅す‥か?
それとも私を好きにさせるか
タバコも証拠がないと始まらない
美佳の件での立場を知りたい
なんなら、付き合えばいいのか
あのひと交友関係リサより広いし
クラスにいなかった間を知りたいって言えば
いろいろいいそうだ
うまく‥使おう