無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

23
蒼葉亜美あおばあみ
そうだったとしても沙羅は関係ないでしょ!
武田裕翔
そうだね。で?
蒼葉亜美あおばあみ
武田裕翔
…君もわかったでしょ?
みんな簡単に変わるんだよ?
舞のこととかか…
蒼葉亜美あおばあみ
そうだけど…!
武田裕翔
いまごろ中野は俺の睡眠薬で眠ってるよ。
それでこいつを殺してから中野を殺すんだ
蒼葉亜美あおばあみ
なんで!
沙羅は関係ないでしょ!とまた言いかけるけど
武田の気持ちも多少は理解出来る
武田裕翔
あ、ちなみにね、
どうでもいいことだけどと言ってから
徳田についてはなされた。
山田と佐藤さんは幼なじみだったらしい。
性格が違うけど仲良くしてたらしくて
だからいじめに協力したらしい。
百瀬はただ、楽しんでいた
徳田は山田に全員と付き合えと言われた後。
山田と約束をしたらしい


「いじめをやめろ」


と。
武田裕翔
徳田はまぁ良い奴なんだよなぁ。
まぁ俺の事気づいたのはアウトだけど?
蒼葉亜美あおばあみ
じゃあいじめが無くなったのも当然なのか
武田はどこからか手に入れたかわかんないけど鉄パイプを握っている
そして眠ってる沙羅に向かって叩きつける
すると突然薄暗い部屋に光が入った


警察…!
坂村愛菜さかむらあいな
亜美!!!
佐方未来凛さかたみくり
よかった…っ!
警察と愛菜たちだ
警察は武田を取り押さえて中山さんも連れていかれた。






沙羅は入院。1ヶ月程で退院だそうだ。
遠山伶奈…いや、遠山桜咲はちょうどこの騒動の時に朱雀さんが発見。
地元にたまたまいたらしく
朱雀さんは警察まで連れていったそうだ


この事件は再び大報道と思われたけど
今回はそれほどにならなかった
警察が遠山伶奈失踪と中野真未の脱獄を隠していたからだろう
…これで全てが終わったのか…な






うん…きっとそうだ
これからは新たな形で私たちが出来るだけだろう。
このことは決して忘れはしない
私自身も命について深く考えられるきっかけだ
これからも…何があるか分からないけど…!
うん…きっと大丈夫