無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

21
沙羅が失踪後1週間。

沙羅はいないのが普通になってきた
そして…一軍に
中山伶未…が増えた
山田に気に入られただとか…
私はとくに5軍でもなんでもない…
訳でもないけど
変わったことといえば3つ。

1つ。舞の態度。しかも二軍行き
2つ。いじめが無くなったこと
舞は急に偉そうに…っていうのかな?
私が構ってあげてたんだから!って感じなんだよねぇ
いいよ?別に。でもさすがに5軍にはいったからってあからさま過ぎない?
やっぱ人ってそうなのかな…
浜田舞
ねぇ〜!亜美!
まず声のトーンが違う
そして徳田にベッタリ
蒼葉亜美あおばあみ
なんですか…?
浜田舞
ご飯忘れたから買ってきて〜
断ることは出来ない…
徳太羽矢太
あ、そういえば徳田がやけに静かかも
浜田舞
はやく〜ん〜♡
…舞、さすがに怖いよそこまで変わると…
しかも徳田は山田のこと好きとかやばいね…うん






そして最後の3つめ。
昨日佐藤さんに言われたことだ
昨日の放課後急に呼び止められて
「ふざけんな!私の楽しみを奪うな!」
…楽しみ…?
「あんたなんか邪魔でしかねぇ!」
佐藤さんについて変わったことは5軍から抜けたこと、それだけ
楽しみって何かわかんないし関わらないけどさ…





そんなことを考えてると携帯にメッセージが
朱雀翔琉
これ、クラス写真です。よかったら
その写真を眺める
…若槻里…ってメガネかけてるけど
はずしたら…

私はその人に電話をかけた…
蒼葉亜美あおばあみ
ねぇ!沙羅のこと知らない?
するとすぐ切られる





これは絶対…
とりあえず愛菜たちのグループに若槻里をみつけたかもと送って
よし、もう一度かけよ!
…つながんな…
すると私は背後から何者かに殴られた
??
邪魔でしかない。やっと会えたのに
その声は…













若槻里とは別人だった














目を覚ました時には
私はどこかに閉じ込められていた
荷物はない
ただ、…
蒼葉亜美あおばあみ
沙羅…!
檻の向こうには沙羅がいた。
手錠で壁から動けないようになってる
私は特になんにもなってないけど



ガラスの向こうに現れたのは伶未。
中山伶未
邪魔するなって言ったでしょ?
蒼葉亜美あおばあみ
中山さん…、なんで…!
中山伶未
いらないこと調べてるんじゃないわ
調べる…
蒼葉亜美あおばあみ
やっぱり…あなたは中野…
中山伶未
ええ、中野真未よ?
なんでこんなことをするのか
でも…中山真未は…捕まったんじゃ…
中山伶未
うけるよね。
簡単に脱走できたし。
普通に入学できるし
中山伶未
やっと愛しの伶奈に会えたんだから…!
顔を少し赤らめて彼女はそういった
愛しの伶奈…!?
蒼葉亜美あおばあみ
沙羅は関係ないでしょ!!
中山伶未
…仕方ないじゃん?姉妹なんだから。
親が不倫してたせいで目が少し違うけど
伶奈にそっくりならそれでいい、
私の伶奈は私のなんだから!
そう言ってとりあえず去っていった
蒼葉亜美あおばあみ
ちょっ!
まぁ行かれたら無理よね…
そして次聞こえた声は







若槻里…だった