プリ小説

第12話

複雑なバレンタインデー。?
バレンタインデー。私は彼にあげようか悩んでいた。


去年はあんなにドキドキワクワクしながら笑顔で渡せたバレンタイン。


なのに今年は、こんなにも渡しづらい。


複雑な気持ちで彼へのバレンタインを作っていた。


バレンタイン当日。私はその日学校で渡すことは出来なかった。。。

放課後…諦めて家に帰ることにした。


すると帰り道、私の帰ってる方向からこっちに向かって彼が歩いてくる。


私はビックリしすぎて、その日、久しぶりにドキドキしていた。

私は今しかないと思ってバレンタインを渡した。


バレンタイン、渡せてよかった。。。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

夢心🌙*゚
夢心🌙*゚
平凡な生活を送るどこかの女の子 どこまでがフィクションでどこまでが本当のことなのか。 私のこと知りたい? それは秘密。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る