プリ小説

第2話

気づいた気持ち。
それからというもの、、私と彼は席が近くに

なることが多かったということもあり、すご

く話せる仲になっていた。。




そんなある日、私は部活帰りに友達のありさと帰っていた。。。

(ありさ)ねぇねぇ、実際どうなの?あの人のこと好きなんでしょ??


その時私は彼を恋愛対象として見ているとい

うことに気づいたのかもしれない。





私は彼のことが好きなんだ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

夢心🌙*゚
夢心🌙*゚
平凡な生活を送るどこかの女の子 どこまでがフィクションでどこまでが本当のことなのか。 私のこと知りたい? それは秘密。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る