無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

雨天文化祭❤
6月______
この優美学園では7月の中旬に文化祭がある
優美学園の文化祭はニュースになるほどの人気で
文化祭を目当てにこの学園に通いに来る生徒も多い
___________________________
先生
はい、これから文化祭について話していきたいと思う
先生
みんなも知っての通りこの学園では、文化祭の終わりに2人1組でのダンスがある。 早めにパートナーを決めておくように。 男子同士で組んでもバカにしたりすんなよー
(クラスメイト)あはははは
パートナーねー
私は…
そんなことを考えながら双子に目をやると
双子も私の方をじっと見ていた
目が合ってしまって慌てて先生の方を見た
何よ、そんなに私と組みたいのかしら
授業終わり_____
美城 可愛井
美城 可愛井
ちょっと?
双子
ん?
美城 可愛井
美城 可愛井
あなた達もしパートナーがいないのなら…
その、あの、ワタシガオドッテアゲテモ……………いいわよ?
キャ───(*ノдノ)───ァ言っちゃったぁ〜







と恥ずかしがっていると双子はくすくすと笑った
ちょっと何よと不快な気持ちで思っていると
双子
俺ら、もうパートナー決めたんだよね
美城 可愛井
美城 可愛井
エッ?
美城 可愛井
美城 可愛井
だっだれよ?
一応双子の彼女の私と組まないなんて…
双子
それはもうー
双子
俺らで組むんだもんね?
美城 可愛井
美城 可愛井
( ˙꒳​˙  )ファ?
あまりの衝撃に私は、何も言えなくなっていると
双子はそれじゃっと言ってパートナー表に消えないマーカーペンで名前を書いた
な、何よ!
ふん!
あの双子すごい仲良しだなとか思ってたけどまさか彼女を差し置いてまで一緒にいるなんて…

私は歩く速度を上げてついには走って人目のつかない西校舎の女子トイレにこもった
すごく悲しかった




それまでの不安などがどんどん私の心を蝕んでいって泣いてしまった
なんで双子は私なんかと付き合ったのだろう
なんで、こんな私と…
そんなことを考えているうちに自分が醜くなっていって
涙が止まらなかった
ガタン
と物音がした

誰か来た!
泣き止まなきゃ

でも、全然泣きやめなくて結局泣き顔を見られてしまった
???
ふーん

センパイもそんな顔するんですね
美城 可愛井
美城 可愛井
だ、だれ?
???
私は
奈利鯛 美少子
奈利鯛 美少子
美少子です
奈利鯛 美少子
作者から↓-------------------
いやー(笑)皆さん!
作者は重大なミスをおかしましたよ!
プロフィールね?プロフィール!
キャラのプロフがぁー
皆さん!ただでさえ分かりずらい文脈なのに
こいつはだれぇ?と思っていたのに今気づきました!
ごめんなさい🙇‍♂️
ということで
美城 可愛井
美城 可愛井
   美城       可愛井
びじょう かわい

学年 高校1年A組13番
誕生日 1月4日
部活 生徒会(帰宅部)
好きな食べ物 メロンパン
双葉 池
双葉 池
  双葉      池
ふたば いけ

学年 高校1年A組24番
誕生日 12月4日
部活 家庭科部(ほとんど行かない)
好きな食べ物 イカ
双葉 綿
双葉 綿
  双葉     綿
ふたば めん

学年 高校1年A組25番
誕生日 12月4日
部活 家庭科部(ほとんど行かない)
好きな食べ物 タコ
奈利鯛 美少子
奈利鯛 美少子
 奈利鯛       美少子
なりたい びしょうこ

学年 高校1年B組32番
誕生日 4月5日
部活 環境部
好きな食べ物 3色団子
こんな感じですねー
まぁー暖かい目で読んで欲しいです!
あと、❤やお気に入りありがとうございます!!!
嬉しすぎて無事作者目から血が出ました(嘘)
これからもよろしくお願いします!