無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

じゅーに!
ーーーーーあなたsideーーーーー
あぁ…やってしまった…いきなり泣き出すなんて
ななもり
ななもり
あの、落ち着いた?
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
はい…ホントに何から何までごめんなさい。そしてありがとう
ころん
ころん
…ねぇ
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
はい…何ですか
ころん
ころん
名前…なんていうの?
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
えっと…
名前…?ホントの名前言っていいのかな?
ダメだよな…でも
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
あなたです
ころん
ころん
?!
ななもり
ななもり
?!
ころん
ころん
…っ!あなた?ホントにあなたなの?
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
…?はい
ねぇ兄さん。そんなに取り乱して
どうしたの?
今にも泣きそうな悲しい目で
僕を真っ直ぐに見つめてくる
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
それが…どうかしたんですか?
ころん
ころん
せ、性別は?!
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
…お、男…
ころん
ころん
……そ…っ…か…
何でそんな虚ろな目で下をみてるの?



やっと貴方に会えたのに
こんなにも嬉しいのに




『僕はころんさんの妹です。』
そう言えないのがとても辛い
兄さん…兄さんに会えたら
言いたいことがいっぱい…いっぱい…
あるのに
『ずっと会いたかった』
『ずっと想ってた』
『やっと会えた』
『大好きだよ。兄さん』
そんなことも言えない
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
兄さん…
ころん
ころん
え…
ころん
ころん
あなた…今…
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
あ…
僕には感情を殺す訓練をさせられた
なのに…僕には感情が無いはずなのに
今はこんなにも

辛くて悲しい…
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
…っ!兄さん!私っ!
ころん
ころん
!!
ビリビリビリッッ!
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
?!い”っ…ぅ”う”っ…あ”ぁ”あ”っ…!!
ころん
ころん
?!あなた!!
ドサッ!









僕は膝から崩れ落ちた
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
はぁっ…はぁっ…はぁっ…
ころん
ころん
今のって…
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
はぁ…ころ…んにぃ、さ…(バタッ
ころん
ころん
あなた!あなた!!







僕の意識はそこで途切れた



















兄さん…会えて良かった。
もしこれが儚く切ない夢だったとしても…