無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

じゅーよん!
莉犬
莉犬
ただいまぁー!
るぅと
るぅと
ただいまです!
さとみ
さとみ
ただいま
ジェル
ジェル
ただいまー
ななもり
ななもり
おー!おかえり
ころん
ころん
あ、おかえりー
ななもり
ななもり
今日は、お客さんが来てるよ
莉犬
莉犬
えー?だれだれ?
ころん
ころん
こっち…おいで!
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
…こんにちは…あなたといいます
莉犬
莉犬
?!
ジェル
ジェル
?!
さとみ
さとみ
?!
るぅと
るぅと
?!
莉犬
莉犬
…あなたって…ころちゃんの…
ころん
ころん
うん…多分そう
るぅと
るぅと
てことは…Silentkiller…?
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
……はい…Silentkillerです
ジェル
ジェル
そうなんや…
ザザザッ
さとみ
さとみ
?!今の音って…
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
しっ…!
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
“…………様何でしょう”
??
”…ターゲットは?“
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
“上手く近づきました”
??
“そうか…で、いつ殺るんだ”
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
“特にそこら辺の予定は決まっておりません”
??
“…そうか。別に良いが早めに殺るんだぞ”
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
“はい。…………様”
ザザザッ
ジェル
ジェル
今の無線の相手って誰や?
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
僕を買ってくれた人です
さとみ
さとみ
か、買った?
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
…はい。僕は親が亡くなってから
オークションに売り出されました。
そこで買って下さったのが
僕の無線の相手です。
そこからだったんです。
僕が殺し屋の仕事についたのは…
最初は感情を殺すことからでした。
その為には全てを
捨てなければならなかった…
勿論それは身内。。兄さんの事も
それが凄く辛かった。悲しかった。
でもあのお方は僕を買って下さった。
あのお方には逆らえない。
そう思うといける気がなぜだかしました。
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
いつの日からか、僕は裏社会で『Silentkiller』
そう呼ばれるまでに成長してた
正直言って『Silentkiller』
その名を聞いたのは
貴方達が教えてくれた時からでした。
修行に疲れて休んでいたんです。
あの僕達が会った場所で。
貴方達が来る前にも誰かが来ました。
そいつら全員殺りました。
それは勿論1人残らず…ですけど……
なぜならそいつら全員
僕の力を利用しに来た奴だったから
なぜだかそれが凄く許せなかった。
そいつらを殺った後直ぐ貴方達が来ました。
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
まぁ、ざっくりこんな感じかですかね
ジェル
ジェル
全然ざっくりやないけど…
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
長くてすみません…
さとみ
さとみ
ううん。辛かったよね。話してくれてありがとう
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
…っ!いえ…
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
辛いことには…なれ…っ…てます…から…っ…
るぅと
るぅと
…泣きたい時は泣いて良いんですよ?
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
…っ…うっ…グスッ…あー…グスッさっきも泣いたばっかりなのにっ…グスッ…情けない…
るぅと
るぅと
情けなくなんてないですよ?泣きたい時なんて誰にでもある事なんですから
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
……ッ僕…ごめんなさい。本当に…
こんな人達になら…買われても良かったのに…
るぅと
るぅと
じゃあ、僕達の所へ来たらどうですか?
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
?!き、聞こえてたんですか?!
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
行きたいです…だけど…あのお方を裏切るなんて僕には出来ない
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
……第1僕は貴方達を殺そうとしたんですよ?
ジェル
ジェル
それはお互い様や
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
……っ…じ、じゃあ…僕に協力してくれますか…?
莉犬
莉犬
…いいよ?協力する
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
本当にですね?
さとみ
さとみ
うん
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
じゃあ…約束ですっ…!(ニコッ!
さとみ
さとみ
え…っと…//
莉犬
莉犬
…///
るぅと
るぅと
かわ…ん”ん”っ”!//
ジェル
ジェル
あぁ…約束や!
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
…それじゃあ…僕のことついて説明するよ
すとぷり
………うん…