無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

じゅーさん!
ーーーーーころんsideーーーーー
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
すー…すー…
ころん
ころん
…あなた…
サラッ…(あなたの髪を解かす
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
…んん…
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
…すー…


あなた…お前がホントに僕の妹なのか…?


サラサラの髪に、整った顔。
可愛い寝顔に、長いまつ毛。
もし、あなたがホントの妹なら
だとしたなら、あなた。お前は
僕には何一つ似てないかもな…
僕はあなたみたいに綺麗じゃないし
強くもない…お前がSilentkillerだなんて
今でも全く信じられない。
ころん
ころん
ずっと…会いたかった…(ギュ…
僕はあなたの手を優しく握った
あなたは寝てるはずなのに
優しく綺麗な微笑みを見せてくれた





















ずっと…ずっと…会いたいと願ってた
毎日『大好きだ』なんて届くはずのない
想いを星を通して伝わればなんて思ってた
それが今叶ったのだとしたら…僕は…
なんて幸せ者なんだ。
ころん
ころん
やっと言える…あなた…会いたかった…
ずっと、ずっと…大好きだよ…
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
ん、ころ…んに…さん…zzz
ころん
ころん
ふはっ…可愛いな…好きだよ。大好き。
もう二度と離したくない
もうあんな思いはしたくないから
ころん
ころん
僕の頭をふとさっきの出来事がよぎった



あなたがいきなり僕のことを
『兄さん!私っ!』と言った後に
苦しみ出したことだ。
アレは一体何が起こっていたんだ?





怖かった。
あなたを失うんじゃないかって
夢で会えるだけで良かった
なのに、あなたにも『愛されたい』
そんな事を願ってしまったから。
神様が僕に罰を与えたのかとさえ思った
それ位怖かったし、恐ろしかった
もうこれ以上家族を失いたくないんだ
ころん
ころん
はぁ…情けないな…こんなお兄ちゃんでゴメン…
コンコン…
ころん
ころん
?はい
ガチャ…
ななもり
ななもり
ころん
ころん
ころん
なーくん
ななもり
ななもり
その…あなたちゃんの様子どう?
ころん
ころん
気持ち良さそうに寝てるよ
ななもり
ななもり
そうか…ならいいな…じゃ…
ころん
ころん
ん…
ガチャ…バタン…
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
…ん…ぅ?…ここは…
ころん
ころん
あなた?起きた?
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
うn…はい。
ころん
ころん
…単刀直入に聞くよ…?あなたは僕の妹なの?
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
……僕にも分かんない…
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
君が僕の兄さんなのか
ころん
ころん
じゃあ…もう1つの質問
あなたはSilentkillerだよね?
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
………それは…っ……うん…
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
僕が…Silentkiller
ころん
ころん
………あなた
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
ビクッ…)
ころん
ころん
フワッ…)…強くなったんだな…
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
…っ…!うっ…うぅ…グスッ…うわぁぁん!!!うぅっ!グスッ
ころん
ころん
ギュー…)あなた…ずっと会いたかった…大好きだよ…
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
ギュー…)僕も大好き…会いたかった……
ずっところん兄さんに会いたいって星にお願いしてたんだ
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
もう
ころん
ころん
もう
You(ホントの姿)
You(ホントの姿)
離さないで
ころん
ころん
離れないで



あなた…大好きだよ