無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

強くなりたい
エスト
エスト
…御子としての強さ、か…
未玖
深く考えなくてもいいんだよ〜?
エストロニアなら強くなれる。
うちは信じてるから♪
エスト
エスト
お母さん…。うん、ありがと!
見つけてみせるから、
あたしだけの強さ。
未玖
そうそう♪その調子だよ!
少しずつ、お母さんとの会話にも
弾みが出てきた気がする。

御子として目覚めて、間もないあたし。
けど、お母さんはそんな事を気にすることはない。

いつも通りの暖かい笑顔で、
あたしに優しいアドバイスをくれる。
エスト
エスト
でも、どうしたらいいんだろ…?
普段とは打って変わって、
これからどうするか考えてみる。

御子としての強さを見つけ出すには、
あたし自身が「変わる」必要がある。
未玖
ここじゃ、考えるのに
時間がかかるかな…?
エスト
エスト
そっか…マエルなら…!
あたしのもう1人の大切な人。
マエル・ログランディ。


マエルとは、お母さんに
会うために一度別れている。


そこであたしは、ある決意をした。
エスト
エスト
お母さん…あたしと一緒に、
マエルに会いに行こう?
未玖
それが、エストロニアの答え?
エスト
エスト
…うん。それしかないよ!
あたしは昔から、マエルの事を知っている。
お互いの事は、お互いの方が知っている。


だから、もう一度会いに行くんだ。


あたしにとっての、もう1人の「大切な人」に。