無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

起死回生の秘策…?
エスト
エスト
っ…
身体が痛すぎて、全く起き上がれない。
どうすればいいのか、全く分からない。
マエル
マエル
エスト…っ!
自分が、あたしに何も
してやれない事に悔しがるマエル。


本当は仲間思いで、優しい人なんだろうな…
エスト
エスト
(未玖姉…あたしはどうしたらいい?)
居るはずのない「未玖姉」に問いかけてみる。
この状況ではただの暇潰しでしかない。


でも、その時だった…
未玖(光)
アレ、上手く行ったはいいけど。
今まで何回やってるか、自分でも
覚えてるんだよね?
あたしとマエルが目に入る所から、
光の未玖姉が姿を現した。
あたしは思わず、身体が痛いのを気にせず
勢いよく起き上がってしまった。

この際痛みは気にしないでおく。
エスト
エスト
光の未玖姉…!
どうして、ここが分かったの…?
未玖(光)
なんでって…そりゃ、
本来の私から聞いてるからね…。
後、エストロニアの気は
他人より探りやすいから♪
エスト
エスト
えぇ…それ、遠回しに
酷い事言ってるって…
光の未玖姉のおかげか、
なんとか会話には結びついた。

依然として身体は痛いけど、
会話が成立してるから、少し和らいでる。
未玖(光)
もう一度言うけどさ…
自分でも分かってるでしょ?
アレが危険だってこと。
後、今までに何回やったっけ?
エスト
エスト
うん…確か、今までには
10回以上してたような…?
マエル
マエル
ええっ!?ちょっと多くない!?
未玖(光)
今回がその11回目辺りって事か…
なら、身体が悲鳴あげちゃうのも
無理はないか…
マエル
マエル
(エスト…無茶しすぎだって…)
エスト
エスト
「運命転換」の反動って、
いつまで続くんだっけ…
昔未玖姉に言われた気がするけど、
あんまり覚えてないや。
未玖(光)
普通なら2,3週間は継続して
当然なんだけど、エストロニアは
本来の私から力を継承されてる。
だから、私の秘策も通じるんじゃない?
マエル
マエル
秘策…?エストの身体の痛みを
抑えたりするとか?
エスト
エスト
それが上手く行けば、
なんとかなりそうだね…
未玖(光)
まあ、今すぐには厳しいかなー…
闇も呼んでくるから、
ちょっと待ってね?
エスト
エスト
うん…