無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

分かんないよ
未玖姉の光と遭遇してから約3日。

あれから手がかりを求めるも、
何も進展はない。
マエル
マエル
未玖さん、有名なはずなのに…
どうして皆知らないんだろう…?
エスト
エスト
…っ!そんなの分かんないよ!
マエルの発言に嫌気を感じたあたしは、
無意識に強く反論する。
エスト
エスト
分かるわけ…ないじゃん…
マエル
マエル
え、エスト…?何かあった?
エスト
エスト
未玖姉は他人の思考を読んだりできる。
だから…「自分の事を知らない」って
思わせるのも得意なんだ。
マエル
マエル
そんな事まで可能なの!?
全く…あの人は規格外だなぁ…
エスト
エスト
…だからこそ、あたしは
未玖姉を探してるんだー…。
あたしに対する、あの人の
「本性」が知りたい。
マエル
マエル
本当の気持ちを知りたいって事だね。
それなら僕も賛成かな…
何故かマエルまで賛同する形になった。

予想とは違う展開だけど、これでもいいか…。

そんなやりとりをしながら、
手がかりを求めてまた調査を続ける。



あたしとマエルは、普通に調査を続けていた。


それなのに。

普通に続けていたはずなのに。


そんな時、異変は突然やってきた。