無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

さんじゅうさん
四時限目開始のチャイムと同時に教室を出た


ゆんぎ先生に四時限目から出ろって言われたのに

ごめんなさい














保健室前
Your
Your
なんか気まずくて入れない
Your
Your
((そう言えばここの学校屋上
あったよね?














屋上到着←雑ですね
Your
Your
(((|・ω・)|ガラガラ
Your
Your
((え、え、え、ゆゆゆんぎ先生?
ゆんぎ先生
ゆんぎ先生
お前四時限目から出ろって
言わなかったっけ
Your
Your
あっ、ごめんな、さい













先生は優しく私の頬をかすった
ゆんぎ先生
ゆんぎ先生
泣いてる
Your
Your
あっ((泣いてたんだ、


ジフンとの約束も守れなかった、

いいヌナになれなくてごめんね
ゆんぎ先生
ゆんぎ先生
泣いていいから

泣け










ふわっとしたゆんぎ先生の香りに包まれた
Your
Your
先生、どうすればいいんですか

もうわからないです























end____________。